質屋とリサイクルショップって何が違うの?

質屋とリサイクルショップの違いを解説。手放したくないものでも質屋なら大丈夫。

皆さんは引っ越しや大掃除の時に出た不用品などはどうしますか?思い切って捨てるって言う方もいると思いますが、貴金属やブランドもののバッグや時計はリサイクルショップや質屋に持って行きますよね。しかしリサイクルショップと質屋の違いって知っていますか?今回は質屋とリサイクルショップの違いについて説明していきたいと思います。

様々な質屋やリサイクルショップがあるので買取の値段や特徴に差があるのは当たり前ですが、基本の買取と言う点では質屋もリサイクルショップも同じです。しかし質屋には最大の特徴として「質預かり」と言うシステムがあります。質預かりとは「お客様のお品物をお預かりして、その価値の範囲で融資する」ということです。

質屋はお客から品物をお預かりし、お金を渡します。そして品物は倉庫できちんと保管します。期限は3ヵ月でその間に元金と質料を支払えば品物を取り戻すことができます。しかしその品物がいらない、諦めると思った場合には元金と質料の支払い義務はありません。都合のいい時まで期限を延長することもできるんです。品物が担保の代わりになるので審査もないですし、もちろん取り立てもありません。もちろん保管している間の保管料や手間賃などもお店によっては含まれるので普通に売ってしまうよりは融資金額は下がります。

大切な人にもらった大切なモノや急な資金の時に用意してた金。「もう使わない!」「次に買うモノの資金に!」ということであればリサイクルショップに売ってしまえばいいでしょう。しかし一時的な用のために、大事なモノを手放してしまうと二度と手元には戻ってきません。もしリサイクルショップに売った後に後悔し、買い戻そうと思っても売った時の値段より高い値段で買いなおさければいけません。質預かりの場合は借りたお金を返すだけでいいのです。

質屋であれば、大事なモノを手放す必要はありません。大切な物は質屋を利用してみましょう。質預かりだけでなく買取もしているし質屋もありますので試してみてはいかがでしょうか。

メニュー