女の子に気持ちいいか聞くテクニック

恥ずかしがって気持ちいいか答えない女子でもすぐにどこが良いのか聞くテクニックをご紹介

みんな大好きなセックスの最中。女の子に気持ちいいか聞いても「わからない」「知らない」と言った返事をされませんか?感じる事が恥ずかしくてなかなか答える事が出来ない女子もたくさんいます。しかし男からしたらどこを責めて良いのかわからないので困ってしまいます。今回はそんな恥ずかしがり屋の女子でも気持ち良さを聞きだすテクニックをご紹介したいと思います。

まず一つ目のテクニックは2つの答えから1つの選ばせる方法です。どこがいい?とか、どうしてほしい?って聞かれても恥ずかしかったり、集中していたのに白けてしまったりしてしまいます。ですので「○○と△△どちらが気持ちいい?」とか「強くと優しくどっちが気持ちいい?」と言うように聞いてみてください。徐々に次の2択の範囲を狭めていけばどこが気持ちいいかわかってきます。

次のテクニックは聞いてから間を置くと言う事です。2択の質問でも連続で聞き過ぎると、女の子はセックスに集中出来なくなります。また答えを言うより前に身体が反応していたり、快感で声が出ない状態だったりします。 気持ちの良い瞬間は喉が詰まって声が出ません。喘ぎ声で反応があるよりも少し前が一番気持ちの良い瞬間なんです。じっくり快感を味わって貰う為や、相手がどんな気持ちなのかを反応だけでもわかるようになる為にも、聞いた後はしばらく行為を楽しみながら相手の答えを待ちましょう。そして徐々に相手が落ち着いて来たらまた聞いてみましょう。

そして最後です。最後はお互いの気持ちいい場所を開発すると言う事。激しく絡み合うような濃厚なセックスも良いですが、たまにはスローセックスで時間を掛けてゆっくりと絡み合ってみましょう。今まではくすぐったかったり、気持ち良くないと思っていた場所で徐々に開発され性感帯に変わって行きます。いろいろなポイント、愛撫を試しながら新たな快感を見つけてみるのも良いと思います。

女性の身体も性格も徐々に変わっていくものです。優しい責めであなた色に染めあげてみてはいかがでしょうか。さらに素晴らしいセックスを体験できる事まちがいなしです。

メニュー