お酒を飲むと性欲が上がるヒミツ

なぜお酒を飲むと性欲が上がるのか?その秘密に迫っています。

大人になるとお酒を飲む機会も増えると思いますが、酔うと無性にエッチな気持ちになりますよね。意外と知られていない事ですが、お酒を飲んで性欲が上がることについては科学的な根拠があります。そこで今回はなぜお酒を飲むと性欲が上がるのか?その秘密に迫っていきます。

・美味しさを感じることで脳が興奮する
美味しい食事や美味しいお酒を摂取すると、脳内でドーパミンが分泌されます。このドーパミンは人間の欲求を司る中枢神経を刺激します。その結果、お酒を飲むことで本能的に性欲が増していきます。また、ドーパミンはお酒を飲み続けるとより大量のドーパミンを分泌します。なのでお酒を飲むほど性欲が上がりムラムラとした気分になっていきます。
・男性ホルモンが増加する
お酒を摂取することで男性ホルモンであるテストステロンの生成量が増加します。このホルモンが増えることで性欲が高まりますが、女性にもテストステロンは存在します。その為、男女問わず性欲が上がるといえますね。また、アルコールには体内のセロトニンを減少させる効果もあります。このセロトニンは不安や恐怖といった感情を抑制させる効果がありますが、減少すると警戒心がなくなります。その為、いつもより大胆になったり本能的な行動をしやすくなります。
・お酒の香りで性欲上昇
味だけでなくお酒の香りでも性欲は高まっていきます。男女で興奮する匂いは違いますが、男性の場合は木の匂いに興奮します。ウイスキーや焼酎など木製の樽で熟成されたお酒の匂いを嗅ぐと性欲が上がるといわれています。女性の場合は花の匂いに興奮します。なのでカクテルなど、花の香りがするお酒を飲むことで性欲が上がるといわれています。

今回はお酒を飲むと性欲が上がるヒミツについて迫っていきましたが、いかがでしたか?最近性欲が弱くなった…と悩んでいる人はお酒を飲んで性欲をアップさせちゃいましょう。

メニュー